様々な実験器具

歯科業界もデジタル化

コンピューターによる歯科治療をデジタル歯科といいます。

顕微鏡を覗く男性

コンピューター技術を治療に応用するデジタル歯科装置は、データー収集機器・修復物を設計するソフト・修復物を作製する機器およびレーザー治療機器などからできています。データー収集機器では、歯の状態や顎の骨の動きなどの精密画像を撮ることができます。コンピューター制御の設計ソフトと作製機器では、歯科医院内で歯冠や歯科ベニアなどの欠けた歯を修復するために用いる修復物の作製と加工ができます。 データー収集機器による撮影では鮮明な画像が撮れるため、正確なむし歯や顎関節症などの診断ができデーター保存も容易です。治療では抜歯した後の修復材料の作製を技工所に発注する必要がなく、美観も考慮した高品質な補綴治療やインプラント作製のための治療が早く正確で簡単に一貫性を持ってできます。

セレックによる歯の修復治療は一日で終わります。

セレックはドイツのシロナ社で開発され、世界中で使われているデジタル歯科システムです。このシステムはデーター収集ユニット・3Dソフトウエア・ユニットと切削加工ユニットで構成されています。セレック・システムを用いると、全てセラミックスから成る修復物を通院1回で早急かつ正確に作製できます。 このシステムでは、治療するむし歯などの画像をフルカラーで立体的に撮ることができます。セレック3Dソフトウエアを用いて、自然な歯の色のセラミックスのブロックが選ばれ切削加工ユニットに設置されます。次にセレック3Dソフトウエアと切削加工ユニットの切削機が、設計に基づいてセラミックスを材料とした歯冠や歯科ベニアなどの修復物を作製します。修復物を患部に接着すれば、治療は終わりです。