様々な実験器具

精密機械は高い

精密機械加工は少し削るときに役立ちます

実験室

精密機械加工は多くの量を削ることには適していないのです。金属を削るときには形を整形するものと、精度を高く仕上げるための2種類の方法があります。前者は切削と言って旋盤やフライス盤を用います。後者は研削版という砥石で金属を削っていくものです。研削盤は一度に削ることが出来る金属の体積はとても少ないのですが、最高で1マイクロメーターの単位で削ることが出来るという性能を持っています。1マイクロメーターは1000分の1ミリメートルですから、その精度の高さが分かります。精密機械加工をすることで高性能な製品を作ることが可能です。日本製の機器はどれも高性能ですがそれには精密機械加工が関わっています。精密機械加工は日本の産業を支えています。

高い精度を求めるならばコストを覚悟するべきです

高精度な製品がほしいのならばコストが掛かってしまうということを理解するべきです。個人事業主が高精度な製品を得ようとした時にはその価格の高さが気になるものです。しかし、精密機械加工によって作り上げられる製品は大量生産されるようなものとは違う良さがあります。 作るのが大変な物は値段が高いというのは当たり前なのです。精密機械加工は機械を使いこなす人にも高い技能が求められます。一瞬の失敗で作り直しになってしまう難しさがあるのです。 ですが、一度作ってしまえばそれは長期間使用することが出来るのです。精度が高いというだけでも価値が高いのですが、最近では形状が複雑なものも多くなってきましたので、技術者にはさらなる向上が求められます。